読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大好き」とは言わない妻への愛妻ブログ

お願いしても「大好き」とは言ってくれない妻が「好き」くらいは言ってくれるようになった記録

幸せな家庭を維持するお金のはなし

私は幸せな家庭を作りたいと常々願っています。

でも、
幸せな家庭 …… Priceless
という訳にはなかなかいかないもんですね。。。


というのも、
洗濯機からガタガタガタという不審な音に続き、
妻ちんが仕事で使っている車が頻繁に故障。

パソコンの不調で、
中古のSarface Pro3を購入したところだったので、
内心ヒヤヒヤしております。

www.microsoft.com
大変気に入っているのですが、
ふところ具合が春先の寒さにはきびしくて・・・


そこで、『バビロンの大富豪』という本を読んでみました。

紀元前3000年ごろに世界で一番裕福だった街バビロン。
進撃の巨人に出てくるような高い城壁で囲われた要塞だったようです。

そこから出土した粘土板に記載されてあった記録に、

誰でも必ず金持ちになれる方法が書かれてあったのです。

妻ちんに諭すには
厳しい内容ですが、
これは子どもたちや家計を握っている人は、
知っておいて損はない方法です。


ここで言う「金持ち」とは、

・幸せな家庭を維持できること
・お金を維持できること

ということにしておきます。
(高みを目指してもいいでしょうけど、
それより前にやるべきことというイメージです)


さて質問です。

もし丸々1ヶ月分の給料が、
手つかずで手元にあったら幸せじゃないですか?

言い換えれば「完全なるあなたのお金」です。

逆に言えば、毎月使っているお金は「誰かのためのお金」なんです。

ローンや家賃の支払い、
携帯などの通信費、
水道光熱費
食費、
学費・・・etc

すべて必要な支払いですよね。

ではお金だけ見たときに、
すべて他人のためにお金が流れていることに気づくでしょうか。

あなたは「あなたのお金」として給料をもらい、
そのほどんどを「誰かのお金」として流していませんか?


そこで提案なのですが、
給料をもらったら、まず自分に支払ってみませんか

給料の10分の1を、まず最初に自分に支払います。
それは絶対に使わないお金として、手を付けない口座にいれてしまいます。

残りの10分の9を使って生活してみるんです。

最初こそ苦しいかもしれませんが、
意外となんとかなるものですし、
ぜひ何とかしてみてほしい。


さて、1年が経ちました。

あなたの口座を覗いてみると・・・

そこには丸々1ヶ月分の給料が手つかずで残っている

ということです。


人間は、

上手に残そう
より、
手持ちでどうするか考えよう

と考える方が上手く行くそうです。

どうすれば残ったお金で生活できるか、
全力で考えてみましょう。

ポイントは、
一度設定したら、努力なく自動で節約になる方法を考えることです。

誰でも、毎月ガマンしなきゃいけないと感じると、
なかなか続きません。

節約するときは必ず、「自動化」してしまいましょう。


携帯代、意外とデータ通信量削ってもいけるかも?
日用品はもっと安くて安全なものないかな?
電気代はセットプランも検討してみようかな?
月々払いより年払いの方が安いかも?

給料天引きで強制的に10分の9しか残らなくすれば、
イヤでもその金額で生活を考えなきゃいけない。

でもそれができるようになると、
今後の給料がどんなに変動しても、

必ず自分のお金が残るんです。


絶対子どもに教えてやりたい方法だと思いました。
来月の給料から10分の9で生活できる方法を本気で考えています。

一年後くらいに追記で達成報告できたらいいな。

 

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

 

 
あと、
ニュースを見ないのもおすすめですよ。

衝撃的・悲惨なニュースの後ほど大手企業のCMが入りますよね。

実はショックな出来事を見た後ほど、
脳の仕組みが働いて、
大きな買い物をしやすくなるそうです。

これを知ってからは、
我が家でもできる限り妻ちんにニュースを見せないよう
画策しております。