読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大好き」とは言わない妻への愛妻ブログ

お願いしても「大好き」とは言ってくれない妻が「好き」くらいは言ってくれるようになった記録

「考えてはいけない」と思うほど考えてしまう不思議な脳

YOSHIKIにどっぷりな妻ちんに誘われ、
2人で『WE ARE X』を観に行くことになりました。

もしや・・・1年以上ぶりのデート?

ちゃんとエスコートしてあげないと!

息子ちんは姪っ子ちゃんたちと遊んで待っていてくれるそうです。
お土産も必要だね。


さて、
先日初めてセラピストと呼ばれる職業の人と会いました。
セラピーって聞いてピンときますか?


<セラピーとは>-----------------------------------------------------------------------------

心理セラピーとは、物理的また化学的手段に拠らず、
教示、対話、訓練を通して認知、情緒、行動などに変容をもたらすこと

---------------------------------------------------------------------------------------------------

心理療法 - Wikipedia



ウツなどの精神疾患に対して行われるものだと思っていましたが、
実は多くの人にも有効なんだとか。


ちょっとしたことでイライラしてしまったり、
簡単に凹んでしまうことはありませんか?

ある女性の話ですが、
「毎日のようにツバを吐く人を見かけてイライラする」
と悩んでいる人がいたそうです。

ツバを吐く人を毎日見かけることってなかなか無いですよね?

実はこの女性、
「ツバを吐くことは絶対にいけないこと」
と親から教えられていたし、自分でもそう強く思い込んでいたそうです。


では、どうすればその女性はツバを吐く人を見なくなると思いますか?


ツバを吐く人を見ないよう意識すること
と考えた人は逆にもっとツバを吐く人を見つけてしまうでしょう。

CMのフレーズや曲が頭から離れなくなったことありますよね?

これはシロクマ効果と言って、
「シロクマについて考えてはいけない」
と考えている間は常にシロクマのことを考えてしまう脳の仕組みです。

脳は考えたくないことを「考えて」排除しようとするので、
イヤでも頭から離れなくなるんです。


この女性の場合は、
「自分でもツバを吐いてみる」
ことで全くツバを吐く人を見なくなったそうです。


こんな風に、

・許せない
・こうしたかったのに
・こうして欲しかった

などの気持ちが残っていると、
それをしている人を見かけると無償にイライラしてしまう
というのです。

過去の自分と向き合い、そんな自分を許す・認めてあげる。
そういうこともセラピーのお仕事だそうですよ。


そのセラピストさんいわく、

私がどれほど妻ちんに幸せになってほしくとも、
それが自己犠牲で成り立っているなら妻ちんは幸せにならないとのこと。

愛とは信じることで、
相手の幸せを根本から信じてあげることができないから、
自己犠牲だと感じたとしても支えようと思うんだし、
相手に合わせているだけだから、相手の基準の生活にしかならない。

基準を引き上げる意味でも自分が充実していなきゃいけないし、
そこに妻ちんを連れていってあげるくらいの気概がないと、
パートナーを幸せにするのは難しいんだって。

夫婦のパートナーシップも奥が深いものですね。